火がもたらす幻想
俯瞰する死線
海の底、眠れる煌めき
泡沫に似ているひと
結ばれぬ意図
野獣に名前はいらない
決して消えない光はない
愛するものの手ざわり
慈しむ夜の寝物語
幻惑・幸福残渣
無見旋律、鼓膜を満たす
すりかわる祈り
いつか踏んづけた勇気を拾う

どうせなら消せない疵になればいい、だって余すことなく愛したいの。
愛の帰結

肉球(じゃ)れる
おっさまかける
進むべくして春待月

確信的な一夜を決めてしまった、目に見えない魔力に惹きつけられるよう自然に。あの日と同じ、その背中を追う。似たようで違う毎日をこれからも、君と過ごしていけるとそっと願おう。

感情を証明させて欲しい
ひとりきりで完成される
足掻かずして何を得るか
もがくほど絡めとられて
無知を知り得るけものよ
語られるべき言葉はない
君と私とロマンスの休日
理想とは地続きの絵空事
世界は再び構築されるの
サンドリオンどこいった
魔法は完璧でなくていい
不似合いな言葉で祝福を

幻をみるように、消えてしまう虹を見上げていた。

愛であれ、毒であれ、恐れなさい。溺れてしまえば心地よくとも、なくなってしまえば待つのは地獄よ。